コラム・新着情報

カテゴリー別、各ブログ情報は右のリンクから御確認ください→

Tue

08

Aug

2017

3on3バスケトーナメント開催! 初の留学生主体での企画運営

 

 7月29日、YES at Merced Collegeとマーセッド大学留学課(ISS)は、バスケットボールの3on3トーナメントを共同開催しました。会場としてマーセッド大学体育館が使用され、Co-Ed(男女混合)、年齢制限なしのオープン形式で開催。高校生から高校バスケ部のコーチまで、幅広い年齢層の参加者が集うと同時に、約20名の留学生も大会に参戦。15チーム、61選手が集う一大イベントに発展しました。

 本大会では、本戦前にリーグ分けの試合を行い、Upper League と Lower League と呼ばれる本気の競技者が集まるチームとレクリエーションのチームでリーグを分け、両方の参加者が楽しめるよう大会ルールを設定しています。総当たりのリーグ戦後に上位のチームがトーナメントに進出する形とし、各チームに最低4試合のプレー機会が保障されています。

Read More

Thu

06

Jul

2017

2017 Summer Merced 3on3 Basketball Tournament

Hello Everyone!

 

We will be having a 3on3 basketball tournament that will include everyone from the community, both students and non-students. The purpose for this tournament is to allow more opportunities for everyone to participate in sports as a community.

 

If you want to join as a team, use a Team Registration form.

you can still register as the team even your team needs a few more players.

 

Feel free to register as an individual! We will try to find your team mates.

 

If you have any questions or concerns, email us!

Read More

Mon

03

Jul

2017

精密農業による農業革命

 

 「精密農業」という言葉をご存じだろうか。アメリカで急速な成長を遂げているこの精密農業(Precision Farming)が、今のアメリカの農業スタイルを大きく変えつつある。

 

 1990年代に起きたGPS機能の技術発展とGPS情報の精密化により、精密農業という分野は実践的かつ現実的な戦略として立ち現れた。現在は更なる技術発展に伴い、大規模農業を中心に多くの農家が精密農業を導入し始めている。

 

 Hexa Reportsの調査によると、精密農業は2025年までに434億ドル以上の国際市場へと発展していくことが予想されている。もちろん、発展するのは市場だけではない。精密農業による農業技術の発展は、人類にとって、持続可能な資源の管理と食料生産力の強化にも繋がるのだ。


Read More

Sun

25

Jun

2017

関西外国語大学短期大学部 ダブルディグリープログラム - 留学で見えた本当の「壁」

 

 関西外国語大学短期大学部とマーセッド大学の間で結ばれた学位留学プログラム(ダブルディグリープログラム)の第一期生の学生達が、約一年の留学期間を終え、無事にマーセッド大学を卒業しました。
 本プログラムでは、日本で一年間の大学生活を過ごした後、アメリカでもう一年間指定のカリキュラムを履修し、日米大学双方の単位を互換することで、関西外国語大学短期大学部とマーセッド大学、双方の準学士資格を同時に取得することができます。
 二年間(セメスターの開始時期が異なる為、実質二年半)で両大学の学位を同時に取得できるだけではなく、プログラムをアメリカで終えることになる為、プログラム終了後にアメリカの4年制大学への編入や、OPT(Optional Practical Training)を利用したアメリカでの一年間の就業経験の機会が得られる点が特徴となっています。


 関西外国語大学は「国際社会に貢献する豊かな教養を備えた人材の育成」を建学理念に掲げ、現在、グローバル社会において語学運用能力が高く専門性を備えた国際人の育成をテーマとして、世界54カ国・地域の380大学と単位互換協定を締結、年間約2,300名の学生を日本から海外の大学機関へ派遣し、約700名の学生が海外の大学機関から同大学に派遣されています。

 当プログラムを利用して留学を実現した学生の一人、仲美由紀さんは、関西外国語大学からマーセッド大学の授業料とホームステイ費の全額奨学金を得て留学。当協定の第一号の学生として、2016年8月からの秋学期と、2017年1月からの春学期をマーセッド大学で過ごし、5月に晴れてマーセッド大学を卒業しました。日本での単位移行の手続きを待ち、関西外国語大学短期大学部からも準学士号を取得する予定です。
 一年足らずという期間の中で、後悔のないよう留学生活を駆け抜けた仲さん。今回は、仲さんがアメリカで得た「学び」に迫りました。

 

Read More

Mon

19

Jun

2017

【2017年 編入生インタビュー】California State University, Fresno編入 植木沙英さん

 

植木 沙英さん

神奈川県出身

2014年秋 マーセッド大学入学

2017年春 カリフォルニア州立大学フレズノ校編入学

 

 植木沙英さんは2014年にマーセッド大学に入学し、農学部のアニマルサイエンスを専攻科目として勉学に励んできました。2015年には、農学部の奨学金と優秀学生賞を受賞し、大学生活では、動物園・牧場でのボランティア活動や大学のHonor Societyに参加するなど、活発に現地の学生らと交流してきました。

 

 植木さんはマーセッド大学の留学生オフィスのスタッフとしても、留学生へのサポートやアドバイスを行うなど幅広い分野での経験値を高めました。


Read More

Sat

27

May

2017

YES代表取締役・山内が佐久長聖中学校の講演会に登壇

 5月26日、佐久長聖中学校で開かれた第一回文教講演会に、YES代表取締役・山内が登壇しました。講演会は「日本の未来を担う若者たちへ」というテーマで開催され、本当の意味でのグローバル人材とは何なのか、世界に出る為の心構え、といった話を中心に、未来を担う中学生と保護者へ向けてメッセージとエールを送りました。

 

 佐久長聖中学・高等学校は、先日、弊社が語学学校を運営するマーセッド大学と国際交流パートナーシップ協定を締結。文武両道とグローバル教育を掲げ、世界に通用する人材の育成に貢献してきた佐久長聖中学・高等学校との協定締結により、佐久市とマーセッド市双方の地域の架け橋となるのみではなく、日米両国とその学生の未来に対して意義のあるプログラムの実施を掲げています。 

 

 講演会の詳細は、佐久長聖中学・高等学校のウェブサイトでご覧ください。

Read More