コラム・新着情報

カテゴリー別、各ブログ情報は右のリンクから御確認ください→

聖徳学園高校グローバルエリートプログラム

 聖徳学園高校北カリフォルニアグローバルエリートプログラムが2019716日~25日の10日間で実施された。昨年度と同様、校内選抜の突破した精鋭達5名が本プログラムに参加した。今回はその様子に密着した。

 本プログラムの前半はサンフランシスコから車でおよそ2時間の所に位置するマーセッドで過ごした。ここでは主に午前中は語学学校で過ごし、午後からはネイティブ講師による英語レッスン及び後にプログラム内で発表するプレゼンテーション準備に時間を費やした。その他の時間や週末には課外活動、ホストファミリーとの時間を楽しんだ。

 プレゼンテーション準備は決して順風満帆ではなかった。最初は生徒同士のコミュニケーションがうまく取れず、お互いの意見を伝えることができずにいた。しかし、講師や周囲の助言から徐々にお互いの意見を伝え合うことができるようになり最終的には満足のいく発表ができた。この発表を経て、生徒達は自信を深めていた。練習中は泣いてしまう生徒も出るほどであったが、本気で何かに取り組むということがかけがえのない経験となったのではないだろうか。

 課題活動ではマーセッドの農場とヨセミテ国立公園を訪問した。農場というと一見、グローバルエリートとは無関係に思えるが、そうではない。テクノロジーの発達が取り上げられる昨今だが、未だに第一次産業従事者がいなければ我々の生活は成り立たない。第一次産業の現場を知り、テクノロジーに生かしていくことで人としての幅が広がるのである。

 ヨセミテ国立公園では日本とは違ったスケールの大きな自然に感動している様子であった。ノースフェイスのモデルとなったとも言われているハーフドームも見ることができ、貴重な経験となったようだ。

 マーセッドで6日間過ごした後、シリコンバレーへと移動した。ここではNTT Americaで勤務されている日本人、福西さんにお話を伺ったり、経営者、投資家であり、国境なき医師団での活動経験もあるモーゼスさんに彼らが準備してきたプレゼンテーションを披露した。プレゼンテーションを褒めていただいた後、モーゼスさんからは高校生へのメッセージとして、「たくさん失敗しなさい。失敗が自分を成長させてくれる。」、「日本人は良いときは皆で力を合わせて頑張れるが、悪いときはイニシアチブを取る人がいない。」などという言葉を残してくれた。日本人として、どう生きていくべきかを考えさせられる時間であった。

 また、スタンフォード大学を訪れ日本人学生からお話を伺うことができた。アメリカ最高峰の教育機関を目の当たりにし、現地学生との交流を経て、「海外大学で学んでみたい。」と感じた生徒もいた。その他にもGoogle, Apple, NASAなどのビジターセンターを訪問し、シリコンバレーの名だたる企業の空気を肌で感じたようだ。

 

 生徒達はこの10日間で様々な刺激を得たに違いない。しかし、この10日間よりもその後の時間のほうが大切である。本研修で学んだこと、感じたことをモチベーションとし今後の行動に活かせるよう努力を続けることが我々の一番の願いである。生徒達の今後に注目していきたい。

 

Read More

【編入生インタビュー】池田昂己さん、Athletic Trainerへの道

 

2016年夏 語学学校へ入学(MCELI)

 

2016年秋 マーセッドカレッジへ入学

 

2019年春   南ミシシッピ大学(University of Southern Mississippi)へ編入

 

現在、University of Southern MississippiにてAthletic Training Programの承認を受け、National Athletic Trainer’s Association(通称NATA)の資格取得という目標に向かいながら努力の日々を送っている。

Read More

マーセッド大学付属語学学校(MCELI)奨学金制度設立

この度、マーセッド大学付属語学学校(MCELI)に在籍する学生を対象とした奨学金制度が来年2020年度から導入されることが決定した。この奨学金制度はマーセッド大学語学学校創立以来、初の試みであり、学生の勉学に対する意識向上と継続、及び高い志を持ち真摯に留学生活に取り組む学生の援助を目的とし設立された。

Read More

編入生インタビュー 田中宏門さん

 

2017年夏 MCELI入学(語学学校)

 

2017年秋 マーセッド大学入学

 

2019年秋 San Diego State Universityへ編入

 

 以前より弊社ウェブサイトにて取り上げていた田中宏門さんが渡米前より目標としていた4年制大学からの合格通知を獲得した。

田中さんはマーセッド大学にて心理学を専攻。GPA3.9を保つ傍ら、International Student ServiceISS:留学課)オフィスのスタッフとして、留学生へのサポート及びアドバイスを行いました。今回はマーセッド大学を2年で卒業し、今秋よりSan Diego State Universityへの編入学を実現させ、新たなスタートラインに立った田中君に迫っていきたい。

Read More

【学生アスリート】マーセッド大学野球部

マーセッド大学野球部は、セントラル・バレー地区でトップを争う強豪校と知られ、毎年プレーオフ争いに食い込んでおり、カリフォルニア・チャンピオンシップへの出場が期待されます。また、多くの学生が奨学金を獲得し、4年制大学へ編入を実現しています。

 

アメリカの大学に在籍する学生アスリートには勉学・部活動の「文武両道」が必須、12単位以上かつ一定以上の成績を収める事が出来なければ、部活動に参加出来ません。渡米した全ての留学生が成功への道を辿れる訳ではなく、「覚悟・実践・努力」がなければ思い描く留学生活は実現しないのです。

 

以下にコーチ・選手のインタビューを掲載しているので、強い志のある学生はぜひ、ご覧下さい。

 

Read More

【奨学金授与式開催】日本人留学生3名が奨学金獲得

今年5/18()に、Merced College Foundation主催の奨学金授与式が、カフェテリアにて開催されました。約150名の受賞者のうち、3名の日本人留学生が見事に奨学金を獲得しました。

Read More

【Graduation Ceremony】19名の日本人留学生が卒業

2019524日、マーセッドカレッジ内にあるスタジアムにて、第56回マーセッドカレッジ卒業式ならびに学位授与式が執り行われた。多くの卒業生は、個性豊かなデコレーションを角帽に施し、マーセッドカレッジカラーである青色のガウンを羽織って晴れ舞台に臨む。

Read More

【学生コラム】今学期の履修科目

【春学期履修クラス】

こんにちは。リキヤです。

今週はFinal Weekであり、金曜日をもって約5ヶ月のSpring Semester 2019が終了します。

金曜日には卒業式も開催され、マーセッドカレッジでの勉学を終えた多くの学生が、次のステップへの期待を胸に卒業式に臨みます。

 

Read More

【女子バスケ部】2人の日本人留学生:2年目のシーズンを終えて

【2018-2019シーズンの結果】

 2019年3月15日(木)~17日(日)、カリフォルニア州にある、108校のコミュニティーカレッジの頂点を決める大会が行われた。チャンピオンシップに出場できるのは、北カリフォルニアと南カリフォルニアの上位4チーム、つまりエリート8だけが出場できる。マーセッドカレッジは、北カリフォルニアの2位シード枠で予選を通過し、初戦は南カリフォルニアの3位であるEast Los Angelesと対戦。彼女達の持ち味でもある、チームバスケで89-75で見事初戦を突破。次戦の準決勝は、優勝候補の筆頭と評されていたMoorparkと対戦。試合開始早々10点差つけられては、点差を詰めて、また相手に点差を離されては詰めてと、マーセッドカレッジはMoorparkに必死に食らいついていた。残り3分でマーセッドカレッジは逆転したものの、最終的に68対73で惜敗し、カリフォルニア州3位という結果で幕を閉じた。最後まで、諦めずに戦う彼女達の姿は、多くの人の心を動かしたことだろう。カリフォルニア州3位という結果は、彼女達にとっては望んだ結果では無かったかもしれないが、シーズンのチーム勝率:29勝4敗という素晴らしい成績を残し、多くのスクールレコードを更新してきた。そんな彼女達に、心から大きな拍手を送りたい。

 さて、2年目のシーズンが終わった日本人留学生の庄司さんと、中島さん。一年目はカリフォルニア州2位、二年目はカリフォルニア州3位と、2年間、彼女達はチームの飛躍に大きく貢献した。2年目のシーズンが終わったということは、新しいことへの始まりでもある。今回は、留学生2人の今後の進路、及びに2年目のシーズンを終えた二人の声を届けたい。

Read More

【学生コラム】リキヤのAgriculture留学

【自己紹介】

初めまして。

現在マーセッドカレッジに留学をしている 羽田野 力椰(ハタノ リキヤ)です。

 

昨年の8月からマーセッド大学での学生生活がスタートし、昨年の秋学期を終え、現在春学期を履修しています。

また、 “農業経営学(Agricultural BusinessまたはAgribusiness)” を専攻しており、2ndセメスターである今学期は、3つのAgribusinessの授業と3つの一般教養授業の合計6クラスを履修しています。

 全米において農業生産高1位であるカリフォルニア州、かつ大規模な農業生産地としても知られるセントラルバレーに設立されたここマーセッドカレッジは、農業について学ぶには非常に有益な場所です。

 

私がマーセッドに来る以前は、外国に行くどころか飛行機に乗ったことすらありませんでした。

ましてや、家が農家でもなく、むしろ農業を体験、学ぶ機会は無に等しかったです。

しかし、渡米から約1年が経過し、多くの方々に助けられ支えられながら、文化の違いや興味深い授業の内容を学ぶことができています。

また、現在も経験する全てのことが新鮮で、とても充実した生活を送ることができています。

 

Read More