コラム・新着情報

カテゴリー別、各ブログ情報は右のリンクから御確認ください→

Mon

04

Dec

2017

ATCを目指す学生たち~マーセッド大学アスレティックトレーニングプログラムの活動内容~

 2020年に東京オリンピックを迎える日本では、アスリートの育成はもちろんのこと、スポーツトレーナーの育成にも力を入れる動きがあります。それに比例するように、日本国内でのスポーツトレーナーを目指す学生の数年々と増え、海外へと飛び立ち、ストレングス&コンディショニングや、アスレチックトレーニングなど、様々な種類のトレーナーに関する資格取得を目指す学生増えているのが現状です。今回は、現在マーセッド大学にてアスレティックトレーナーを目指す学生たちの様子を取材しました。彼らの多くは、NATA公認アスレティックトレーナー(NATA-ATC)になるべく、当大学でのアスレティックトレーナープログラム参加しています。

 

Read More

Sun

24

Sep

2017

女子アスリート特集②女子バスケ部 中島 采加

今回の女子アスリート特集②では、前回のコラムにてご紹介した庄司 鈴菜さんのチームメイト、中島 采加さんの留学生活に迫る。

今年の夏学期にバスケ部へ入部した中島さんは、部活動はもちろんのことその他の日常生活においても充実した日々を過ごしている。今回は、中島さんの留学までの経緯、バスケ部入部のきっかけ、そして充実した留学生活の理由についてご紹介する。

Read More

Wed

30

Aug

2017

過去最多15名の留学生がスポーツ留学に挑戦中

 今年もカレッジスポーツの秋が到来。今季はマーセッド大学史上最多となる15名の日本人留学生が部活に取り組む等、盛り上がりを見せている。

 

 男子では野球部に6名の留学生が所属。シーズンが始まる春のロースター入りに向けて、練習に取り組んでいる。マーセッド大学の野球部では、昨年ブレイク・セダーリンドがピッツバーグ・パイレーツから5巡目指名を受けているが、今年のMLBドラフトでも、2名の選手が指名を受けた。昨シーズンは驚異のチーム打率.308という数字を残し、17勝4敗で地区優勝、北カリフォルニア16強入りを果たす等、強豪チームとして地位を揺るぎないものにしている。

 男子バスケ部には3名の日本人留学生が所属。2名の新入部員の他、一昨年にロースター入りを果たした倉田君は、怪我を乗り越え二度目のロースター入りを目指す。チームとしては昨季、北カリフォルニア16強入りを果たし、かつて州王者に輝いた古豪の復活に期待がかかる。

 

Read More

Tue

08

Aug

2017

3on3バスケトーナメント開催! 初の留学生主体での企画運営

 

 7月29日、YES at Merced Collegeとマーセッド大学留学課(ISS)は、バスケットボールの3on3トーナメントを共同開催しました。会場としてマーセッド大学体育館が使用され、Co-Ed(男女混合)、年齢制限なしのオープン形式で開催。高校生から高校バスケ部のコーチまで、幅広い年齢層の参加者が集うと同時に、約20名の留学生も大会に参戦。15チーム、61選手が集う一大イベントに発展しました。

 本大会では、本戦前にリーグ分けの試合を行い、Upper League と Lower League と呼ばれる本気の競技者が集まるチームとレクリエーションのチームでリーグを分け、両方の参加者が楽しめるよう大会ルールを設定しています。総当たりのリーグ戦後に上位のチームがトーナメントに進出する形とし、各チームに最低4試合のプレー機会が保障されています。

Read More