入学時オリエンテーション

 マーセッド大学では、全ての留学生を対象とした入学時オリエンテーションを開催しています。
 このオリエンテーションは、毎セメスターの始めに開催されますが、セメスターの途中から語学学校に入校した生徒も対象となっており、セメスター中にも順次開催されています。
  全ての留学生が平等に、留学生活に潜む危険について理解し、留学生活を実りあるものとするための機会を提供することを目的としており、カレッジの学長・副 学長、留学課オフィスのディレクターからお話を頂く他、キャンパスに駐在している警察官からのプレゼンテーションも行われます。

入学時オリエンテーションでは、主に以下の項目について注意事項の説明を行います。

・留学生としての滞在要件
 マーセッドカレッジの全ての留学生は、F-1ビザ(学生ビザ)を利用して渡航しており、アメリカ合衆国の移民法が定める滞在要件を常に満たしている必要があります
 取得単位数と出席率、そして成績が滞在要件を満たしていない場合、マーセッドカレッジが発行する滞在許可証であるI-20はキャンセルされ、当該学生は帰国となります。
 そうならないためにも、無理のない安全なクラスの履修方法(詳細はカウンセラーとの相談になります)等について知識を得ることは、留学生活を生き抜く大事な知恵となります。
 語学学校も同様に、一定の出席率を下回った時点でI-20はキャンセルとなるため、オリエンテーションでは語学学校での出席の重要性についても説明が行われます。

・各種手続き
 カレッジ入学後の授業料の支払い方法や、留学保険加入の重要性など、留学生活全般の注意事項が説明されます。
 その他、カレッジでの学生サービス等についても説明が行われ、これから始まる留学生活へ向けて必要な情報の連絡が行われます。

・交通安全
 マーセッドの魅力の一つは、車社会と呼ばれるアメリカにあっても、自転車一台で生活に事足り、生活にかかるコストを抑えることが出来るという点にあります。
 留学生の多くは自転車を利用して通学を行いますが、アメリカと母国の交通ルールやマナーの違いを知っておくことは、不要な事故を防ぎ、安全な留学生活を送る手助けとなります。

 また、近年では留学生による自動車事故も増えており、若くしてアメリカの車社会に入り込むことの危険性などについても解説が行われます
※詳細はYESウェブサイトの「アメリカでの運転に関しての注意」をご覧下さい。


・犯罪予防
 アメリカでは、様々な誘惑が留学生を取り巻きます。
 ドラッグや暴力などから距離を置くことが大前提となりますが、些細な気の緩みから犯罪に巻き込まれる可能性があります。
 「留学」は遊びではない、その事実を再認識するためにも、カレッジに駐在している警察官による事例を用いたプレゼンテーションは、留学生活において犯罪から身を守ることに大いに役立ちます。

 入学時オリエンテーションではその他にも、アルコールやエナジードリンク等、合法であっても大きな事故に繋がる恐れのある事項についての注意喚起、セクハラや性犯罪に対する防衛/対処法の講義も行われます。

 

 上記のように、留学には注意すべき事項は数多くあり、何よりも学生自身が気を引き締めることが大切です。
 安易な行動や堕落した生活によって、留学生活を、延いては人生そのものを棒に振る可能性も大いにあります。
 そうした事態を避けるためにも、学生達には、オリエンテーションでの注意事項にしっかりと耳を傾け、留学生活を安全で実りのあるものにする姿勢が求められます。

 


留学に潜む危険については、YESウェブサイト「アメリカ留学の危険事項と要注意点」もご覧下さい。

マーセッド大学についてのお問い合わせはコチラから。





TOP