国際教育プログラム協定(大阪経済法科大学)

2011年7月にマーセッド・カレッジと大阪経済法科大学は、国際教育プログラムの協定を締結しました。同年8月からは、大阪経済法科大学より、7名の学生がマーセッド・カレッジへ通い、日本とアメリカを繋ぐ架け橋として、大きな一歩を踏み出しました。

 

交換留学生の感想

 

2012年には9名の学生が、2013年には7名の学生が本プログラムに参加しています。国際社会で活躍できる人材を育てるべく、これからも日本からアメリカに挑戦する学生達を応援し、ナビゲートしていきます。

 

 

マーセッド・カレッジからも2011年度より、計4名のアメリカ人学生が、交換留学で大阪の地を訪れました。異国へ行くのが初めての学生もおり、不安と希望を持ちながら母国を後にしていました。しかし、その不安もすぐに楽しみへと変わり、日本から帰国した際には、「もっと長い間滞在したかった。来年も日本に訪れたい!」と感動した表情を見せていました。その学生は、現在日本語の授業を取り、優秀な成績を収めています。

 

このような国際交流は、短期間(1~4ヶ月)ではありますが、他国の文化を知り、肌で感じるには、十分な期間です。個人の価値観を越えた新たな価値観を生み出し、国際感覚を互いに磨き、将来国際人として大きく羽ばたいてくれることを期待しています。