カリフォルニア州マーセッド市

 
 マーセッド市は、カリフォルニア州のほぼ中部に位置している人口約8万人の都市です。当市はヨセミテ国立公園(世界遺産登録済)の玄関口として知られており、豊かな緑に囲まれている美しい街並みが特徴的です。2005年にはカリフォルニア大学マーセド校が開校し、近年ではより多くの人々が当市に移住してきています。
 公共交通機関は主にバス、アムトラック(旅客用鉄道)、マーセッド空港がありますが、当校の留学生達は主に自転車で移動しています。また、マーセッド市は大都市のサンフランシスコ市とロサンゼルス市の中間地点にあるため、カリフォルニア州を観光する際においても、便利な地形と言えます。
 ほとんどのショッピングモールや飲食店などの主要な店々は、当校より一つ外れた通り(Olive Avenue)に集中している為、車がなくても生活圏を自転車で十分移動することのできるコンパクトさが利点です。多くの自然に囲まれ、娯楽店の少ないマーセッド市には勉強に集中できる最適な環境が整っています。
マーセッド市の年間平均気温
マーセッド市の年間平均気温
マーセッド市ダウンタウンの様子
マーセッド市ダウンタウンの様子