マーセッド大学では、年間20種類におよぶ幼児教育学(Child Development)のクラスを開講しており、毎年40~50名の学生が幼児教育学専攻で卒業しています。大学内には2歳~5歳の子ども達を預かる託児施設が併設されており、授業内の実習やボランティアを通して実地経験を積むことも出来ます。

 開講されているクラスは、カリフォルニア州の保育士資格取得、幼児教育専攻での準学士号の取得、4年制大学への編入へ向けたカリキュラムが編成されています。学生は講義を通して、子どもの発達や健康、安全等について学ぶと同時に、家族やコミュニティの役割、多様性に富んだ社会でどのような教育方法が適しているか等を学ぶことが出来ます。特にアメリカでは、多種多様な人種や性が社会の中で受け入れられており、教育者は幼児教育の段階からそうした多様性について配慮し、行動することを求められます。多様性に富んだ社会を形成してきたアメリカだからこそ学べる教育学が、そこにはあるのです。


 英語力に自信がないという人も、マーセッド大学なら大学語学付属の語学学校が併設されているため、安心です。マーセッド大学付属語学学校MCELIでは、大学入学要件のTOEFL ITP 450点の取得を目指したカリキュラムが編成され、4ヶ月のセメスターの間に、3度のTOEFL試験を受講することが出来ます。MCELIはどの時期でも入校することが可能となっており、毎年多くの留学生がMCELIでTOEFL試験を受験し、大学の入学を認められています。

 大学入学後は、英語や歴史等の教養科目を学びながら、幼児教育についての専攻科目を履修し、同時に実地研修で経験を積むことが可能です。専攻科目の単位取得後は、アメリカ内の4年制大学へ編入し、学士号を取得するのが主流ですが、日本の大学へ編入、または準学士号(短大卒資格)を取得し、卒業することも出来ます。


 マーセッド大学には2~5歳の幼児を預かる託児所(Child Development Center)が併設されており、そこでのボランティアや実地授業を通して、現場レベルで経験を身に付けることが出来ます。これまでも多くの留学生がボランティアを通してアメリカでの幼児教育に触れてきました。多くの4年制大学でも同様に、実地での研修や授業を行うことになるため、コミュニティカレッジの段階から基礎を学びながら経験を積むことは、留学生にとって大きなアドバンテージとなります。


 マーセッド大学では、幼児教育の専門科目が20以上開設されており、マーセッド大学内の専門科目では群を抜く数となっています。人気科目の為、ハードルは高く設定されているものの、コミュニティからの奨学金も多く用意される等、大学が特に力を入れている科目となっています。

 

 

 マーセッド大学には、確かな進学実績があります。大学入学のためのTOEFLの点数が足りず、大学付属の語学学校から留学を開始した学生達も現地で英語や専門知識を磨き、カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)や、ネバダ大学ラスベガス校(UNLV)などの名門大学へ進学を決めています。

 2011年に語学学校MCELIから留学を開始した学生も、幼児教育学専攻でカルフォルニア州立大学フレズノ校(CSUフレズノ)への編入を決めています。CSUフレズノは幼児教育学に強いことで知られており、マーセッド大学での実地経験が編入後にも充分に活きています。

 

詳細はコチラをどうぞ→

■幼児教育留学についてのお問い合わせはこちらから

Please enter the code:

Note: Please fill out the fields marked with an asterisk.

TOP