【編入プログラム】関東学院大学とマーセッド大学が国際協力パートナーシップを締結

 この度、関東学院大学とマーセッド大学間において新たな編入プログラムが締結された。

当協定では、グローバルな視野持つ人材の育成を軸に据え、マーセッド大学(二年制)を卒業後、関東学院大学への三年次編入が可能である。

 近年アメリカ大学の授業料並びに物価が高騰しており、アメリカのコミュニティカレッジ(二年制)を卒業後、日本に帰国する日本人留学生が増加している。加えてアメリカの2年制大学から日本の4年制大学へのへの編入システムもこれまでは限られていた。そんな中、本編入プログラムはそのような学生にとって1つの大きな選択肢となるだろう。

 

 また両国での文化交流・国際教育の促進、並びに日本への留学を希望する学生へのガイダンス、日本での研修プログラムの実施、優秀な教員の相互派遣等についての合意が交わされている。

 

   関東学院大学は、キリスト教に基づいた教育理念を掲げている。西洋文化への理解を幅広い視点から考えながら、多言語、多文化、多宗教、多人種といった多様性の中での自己の確立を目指している。また、人、社会、国、世界で活躍・貢献できる人材の育成、知識と智恵を活かしながら行動する力を養っていく。設立から約70年間、これらの理念を軸に、人材育成に尽力している。

  

  現在マーセッド大学は、多くの日本人留学生を擁すかたわら、様々な編入プログラムの締結により国際色豊かな大学となっている。更に車社会のアメリカ社会にもかかわらず、学生が自転車で市内を周遊できることから学生にとっても経済的に良い環境と言えるだろう。今後も更なる学校間での交流が盛んになり、多くの留学生が世界中で活躍することを願っている。

 こちらの動画は関東学院大学の安田 智宏氏による大学紹介動画です。

 



  ・ 過去の特集はこちらから

・留学に関するお問い合わせはこちらから