アスレティックトレーナー・大学院出願方法

※以下の内容は全ての大学院への入学条件に該当するものでは御座いません。

一般的な例として記載しておりますので、詳細をお求めの方は希望大学院のホームページをご確認ください。

アスレティック・トレーニング・プログラムへの出願条件

 

  • 最終学歴で全課程のGPA(成績)が3.0以上:日本の大学が最終学歴の場合はWESに提出してアメリカ単位に書き換える。*WES(World Education Services)はアメリカの大学へ入学を希望する場合に日本の成績をアメリカ式に変換してくれる機関           
  • 大学での授業で全て「C」以上の成績を修めていること。
  • 最終学歴の成績証明書
  • カレッジ教授の推薦状3通:1通はカレッジの公認アスレティックトレーナーからでなければならない。
  • アスレチックトレーナーを志望する理由、キャリア目標、アスレチックトレーナーとして成功するために自身が持っている特性について述べたエッセイ。
  • 履歴書
  • 公認アスレティックトレーナーによる実習時間の記録(100時間以上)
  • TOEFL 80点(Internet Based - iBT)またはDuolingo English Test 105点以上。
  • GREスコア

アスレティック・トレーニング・プログラムの申請手順

 

ステップ1ATCASアプリケーションから大学院のATプログラムに出願

 

ATCASリンク:https://atcas.liaisoncas.com/applicant-ux/#/login

 

ステップ2オンラインで大学院に出願

大学院出願条件

 

  • 学士号の取得
  • GPA(成績が3.0以上)
  • アスレティック・トレーニング・プログラム入学前に取るべき必須科目(以下にクラス記載)

※マーセッドカレッジではExercise Physiology(運動力学)とBiomechanics(バイオメカニクス)の授業はない。しかし、アメリカの大学では、別の大学に正規の学生でなくとも授業を受けることが出来る。学士号を取得している学生は、マーセッド州立大学(CSU)やブリガムヤング大学(BYU)、フレズノパシフィック大学などで運動生理学・バイオメカニクスのクラスを受講することができる。

(例):BYU Independent Study online courses: https://is.byu.edu/

マーセッドカレッジのアスレティック・トレーニング・プログラムクラス一覧

 

※マーセッドカレッジではExercise Physiology(運動力学)とBiomechanics(バイオメカニクス)の授業はない。しかし、アメリカの大学では、別の大学に正規の学生でなくとも授業を受けることが出来る。学士号を取得している学生は、マーセッド州立大学(CSU)やブリガムヤング大学(BYU)、フレズノパシフィック大学などで運動生理学・バイオメカニクスのクラスを受講することができる。

(例):BYU Independent Study online courses: https://is.byu.edu/

※マーセッド・カレッジのアスレチック・トレーニング・プログラムを受講するためには、KINE-03のクラスを修了している必要がある。KINE-03のクラスは、最初の学期に履修することが推奨されている。

 

以下はマーセッドカレッジで受講できるアスレティックトレーニングプログラムのクラスと難易度である。

難易度:1:とても簡単、2:簡単、3:普通、4:少し難しい、5:難しい

1:KINE-03 Intro to Athletic Training  

1:PSYC-01A Intro to Psychology

2:MATH-10 Elementary Statistics

2:NUTR-10 Nutrition

3:KINE-02 First Aid and CPR

3:BIOL-02 Human Biology or (BIOL-01 General Biology for Non-Majors)

4:CHEM-02A Introductory Chemistry 

4:BIOL-16 General Human Anatomy

(専門用語が多用され短期間に詰め込んで学ぶ為、ある程度英語が出来るようになって履修することを推奨。)

5:PHYS-02A General Physics I 

(数学が好きな学生には簡単。物理の授業は数式を多用する為、数学が嫌いな学生には難しい。)

5:BIOL-18 Principles of Physiology

 

直接大学院へ進学せず、マーセッドカレッジを経由する理由

 

・必須科目の単位取得

 

日本で学士号を取得していても、必須科目の単位取得が必要になります。アスレチックトレーナーの場合、トレーナーとしての実習時間を積む必要があります。以前、日本の学士号を取得後、マーセッドカレッジを経由し、大学院へ進学した学生の場合、マーセッドカレッジで約35単位(約1年で取得可能)取得したという例があります。必須科目がマーセッドにない場合は他大学でオンラインや対面で単位を取得する必要があります。

 

・現地のアスレチックトレーナーやカウンセラーによる繋がりを活かした進路選択

 

日本から自力で自分が進学できる米国大学院を探すことは至難の業です。過去には日本で学位を取得後、米国大学院に進学を目指し渡米したものの、大学院に受け入れてもらえず、米国の4年制大学で単位を取得しなおしたという例がありました。

 

一方で、マーセッドカレッジにはアスレチックトレーナーやカウンセラーが常駐しており、トレーナー同士や卒業生同士の繋がりもあります。マーセッドカレッジに通い単位を取得しながら、トレーナーやカウンセラーに相談をしながら進路先を決定することで、「行ってみたら入学できないとわかった」というようなトラブルも少なく、スムーズに大学院生活をスタートできます。特に国を跨ぐと単位移行や編入というのは非常に複雑なプロセスでありますので、現地で確認や実際に足を運んだりしながら進路を決定することをお勧めします。

 

また、日本で取得した学位、単位が大学院で認められるかは外部の専門機関に英文成績証明書を提出し、審査してもらうことになります。(外部機関WES website)こちらは日本の大学から英文で証明書を取り寄せたり、場合によっては英文でのシラバスも必要となり、時間と手間がかかります。必要な書類の取得等、時間に余裕をもって進めることをお勧めします。


お問い合わせ

↑上記のURLをスキャン、または画像をタップで友達追加↑

メールでのお問い合わせはこちらから


Y.E.S. グループ

アメリカ総合教育

アメリカ留学総合サイト

スポーツ事業部

アメリカスポーツ留学

不動産事業部

サンディエゴ不動産

米国女子2部

サッカーチーム

ベルガード米国事業部


国際交流パートナーシップ協定

提携大学一覧



提携短期大学一覧


提携高校一覧




福井県立若狭高等学校



提携専修学校一覧


米国提携学術機関


Y.E.S. at Merced College

3600 M Street #22 Merced, CA 95348

Tell:209-386-6664

E-mail: yes.program@mccd.edu

・ 留学に関するお問い合わせはこちらから