Mon

02

Feb

2015

野球部のシーズンが開幕 日本人留学生2名がロースター入り

 マーセッド大学では、今年も野球部のシーズンが開幕、日本人留学生から石井純平君、齋藤雄行君がロースター入りを果たしました。水球の齋藤幸樹君、ソフトボールの貫名遥さんなど、マーセッド大学ではスポーツ留学生の活躍が目覚ましく、今回ロースター入りした2名も、今期のチームを牽引する活躍が期待されます。


 背番号16を背負う投手の石井君は、2年連続ロースターに選出され、今期が4年制大学への編入を控えた最後のシーズンとなります。編入後の将来を見据え、今期を「野球人生最後のシーズン」と位置づける石井君、今期は選手達の精神的支柱としての役割を担いながら、リリーバーとしての活躍を期待されています。

 背番号18を背負う齋藤君は、1年目にしてロースター入り・開幕スタメン出場を果たしました。背番号18といえば、昨年、マーセッド大学―独立リーグ サムライ・サンディエゴを経て、BCリーグ 信濃グランセローズ入りを果たした永富翔太君が背負っていた番号であり、永富君と同じセンターを守る齋藤君への、首脳陣の期待が覗えます。


 

今期のロースターに選出された石井君、齋藤君のコメント

石井純平(投手 背番号16)

 今期は中継ぎとして、チームが悪い流れであれば、それを切る、いい流れであれば、それを保つことが出来るようなピッチングができるように心がけてます。
 今シーズンが自分にとって人生で最後の野球シーズンになると思っているので、悔いが残らないようにトレーニング、練習をして毎試合ベストな状態で投げられるようにしたいと思っています。

齋藤雄行(外野手 背番号18)

 アメリカでの初めてのシーズンを迎え、まだ調子は万全ではありませんが、調子の良い悪いは関係なく、常に自分のベストを尽くせるようにして調整していきます。
 怪我なく、少しでも多くチームに貢献できるように、走・攻・守、全ての場面で期待に応え、また楽しんで、思い切ってプレーします。
 チームをプレーオフに導けるよう、全力でプレーしていきます。


 1/31(土)にマーセッド大学で行われた本拠地開幕戦では、上記2名の出場機会はありませんでしたが、多くの地元ファンが球場に詰めかけ、選手達に熱い声援を送りました。
 チームは開幕3試合を終えて、現在1勝2敗と負け越していますが、3試合で18得点と打線は好調を維持しており、投手陣の復調が期待されています。
今期のロースターには、カナダ人留学生のNoah Gapp君、Justin Kehler君も選出されており、留学生の活躍で、2013年以来となる2年ぶりのプレーオフ進出を目指します。

マーセッド大学野球部ホーム開幕戦の様子

野球留学についての詳細はコチラから、野球留学についてのお問い合わせはコチラからどうぞ