Wed

19

Aug

2015

2015年秋の留学生向け入学時オリエンテーションを開催


 今年も秋セメスターへ向けた新入生がマーセッドへ到着し、ISS(International Student Office)およびY.E.S. at Merced Collegeでは、留学生向けのオリエンテーションを開催しました。
 今回は、カレッジ入学の学生と大学付属語学学校・MCELI入学の生徒向けに2度のオリエンテーションが開催され、計40名の新留学生がオリエンテーションに出席し、留学生活を開始するにあたっての注意事項に耳を傾けました。



・ISS(留学生オフィス)


 ISSからは、滞在要件など留学生が法的に注意しておくべき事項、留学生活を成功させるための秘訣などの説明が行われました。
 銀行口座の開設や取得単位数についての説明など、留学生が理解しておくべき内容は多岐に渡ります。



・キャンパスポリス


 カレッジに駐在する警察からは、犯罪・事故防止のためのプレゼンテーションが行われました。
 留学生活に潜む危険についての説明が行われ、アメリカで生活をするにあたって、どのように犯罪や事故から自らの身を守るかについて講義が行われ、学生たちは真剣に聞き入っていました。


・カウンセラー


 留学生専属のカウンセラーであるDr.ジョナス・バンガイからは、無理のない授業の履修方法など、勉学におけるアドバイスが行われました。
 留学生が陥りがちな履修上の失敗や4年制大学への編入の成功例など、様々な例を挙げることで、これから履修登録を行う学生たちへ、学生生活を成功させるためのイメージを提供しています。


・Y.E.S.


 Y.E.S.からは、ホームステイプログラムについての注意事項及びホームステイを成功させるためのアドバイスが行われました。
 ホームステイプログラムの中で起こりがちなトラブルを避け、文化や生活スタイルの異なるホストファミリーとの信頼関係を構築するために、留学生が心がけておくポイントについて解説が行われました。


 留学生向けのオリエンテーションは、マーセッドでの留学生活が安全で実りあるものと出来るようサポートを行う目的で開催されており、セメスターの途中で語学学校に合流した学生にも随時開催されています。



入学時オリエンテーションの詳細については、コチラから。