マーセッド大学主催の奨学金授与式が開催、昨年に引き続き複数の日本人留学生が受賞

 今年もマーセッド大学主催の奨学金授与式が開催され、昨年に引き続き、複数の留学生が奨学金を獲得しました。このMerced College Foundation主催の奨学金は、マーセッド大学の全学生を対象としており、昨年から2年連続で複数の留学生が同奨学金を獲得することとなりました。

 学生達は、160を超える基金が提供する奨学金から、自らの希望する奨学金を複数選択し、応募を行います。多くの奨学金は学生の専攻内容によって絞られ、受賞に際しては学生のGPAとエッセイの内容が吟味されます。中でも、マーセッド大学が強みとするAgriculture(農学)、Education(教育)、Nursing(看護)、 Art(芸術)を専攻する学生への奨学金が充実しています。
 同奨学金制度は、未来を担う学生をサポートしたいというコミュニティの方々の善意によって支えられているため、それぞれの基金には、マーセッド大学の繁栄に貢献された方々の名前が冠されています。このため、貢献者の名前を冠するに相応しい人物へ奨学金が贈られることが前提となっており、GPAによる応募制限など、厳しい審査基準を満たした学生のみが栄誉を手にすることとなります。

 今年はアニマルサイエンス専攻の植木さん、川井田さん、アート専攻の浅野さんが見事に奨学金を受賞。それぞれ壇上で賞状を受け取り、喜びを噛み締めました。

 アニマルサイエンスを専攻する植木さんは、農学やアニマルサイエンスを専攻する学生の中から選ばれるMelissa Smith Scholarshipを受賞しました。

 

植木沙英さん(Melissa Smith Scholarship受賞)

「今回、Melissa Smith 奨学金を受賞することができ、とても嬉しく思っています。この奨学金の提供者であるMelissaさん、マーセッドカレッジ、そしてアメリカの大学で学ぶ機会を与えてくれた家族に感謝しています。Melissaさんは社会貢献活動にとても積極的な女性でしたので、彼女のように地域へ貢献できるように、今後もボランティア活動などを頑張っていこうと思います」

 川井田さんは、農学を専攻し4年制大学へ編入する女学生を対象としたCalifornia Women For Agriculture Scholarship、Hughes & Margaret Smith Scholarshipの2つの奨学金を受賞しました。

 

川井田優さん(California Women For Agriculture Scholarship、Hughes & Margaret Smith Scholarship受賞)

まずこの受賞にあたり、家族や友達、先生など日頃からサポートしていただいてる方に感謝の気持ちを述べたいです。私1人の力ではこのような賞をいただけけなかったと思います。受賞をしたということに満足せず、更なる高みを目指し、今後の勉学への糧にしたいです!

 浅野さんが受賞したJane Edwards Trust Art Scholarshipは、アートプログラムに所属している学生を対象としています。

 

浅野春美さん(Jane Edwards Trust Art Scholarship受賞)

「まさか私が受賞できるとは思ってもいませんでした。勉強も大変で、奨学金に申し込むかどうかも迷っていたのですが、少しでも可能性があればと思い、応募しました。受賞して、チャレンジすることの大切さを学びました。少しではありますが、親孝行ができて嬉しいです。」

 見事に奨学金を手にした学生たちをお手本に、来年も引き続き、留学生たちが受賞者となることを期待しています。

関連記事


マーセッド大学についてのお問い合わせはこちらから

Note: Please fill out the fields marked with an asterisk.