毎年恒例のサンクスギビング・ランチを開催。留学生10名が授業料免除を受賞

 今年も、毎年恒例となっているISS(留学課)が主催するサンクスギビング・ランチが開催されました。マーセッド大学の全留学生が招待され、大学のカフェテリアスタッフが準備したサンクスギビングならではの料理に舌鼓を打ちました。食事後には、副学長からサンクスギビングに関するクイズが出題され、正解者にはギフトが贈呈されています。


 当イベントでは、毎年秋に募集が行われる留学生対象の授業料免除の受賞者も発表され、厳しい選考を勝ち抜いた10名が、見事に授業料免除を勝ち取りました。受賞者には、スポーツ留学生も含まれ、今回はソフトボール留学生とバスケ留学生が受賞を果たしています。


 留学生向けの授業料免除制度を設置しているコミュニティカレッジは全米でも珍しく、学業面での成績と日々取り組んでいるアクティビティ(部活動やボランティアなど)が選考の対象となります。1年間取り組んできた生活の成果が問われる日とあって、受賞者たちは喜びを噛み締めていました。当制度は、毎年秋学期に募集が行われ、授業料免除は春学期に履修した授業に適用されます。

留学のお問い合わせはこちらから

Note: Please fill out the fields marked with an asterisk.