【学生インタビュー】アカデミック留学生 紹介動画:羽田野力椰さん

 

 現在、マーセッドカレッジには多くの留学生が在籍している。それらの留学生はどのような目的、意識を持ち、個々のスケジュールに取り組んでいるのだろうか。

 

 今回の動画では、今学期で3セメスター目に取り組んでいる、羽田野力椰さんが留学生活で取り組んでいること、意識していること、またマーセッドでの日常生活を紹介している。

現在、彼は農業ビジネス学を専攻しており、今学期8クラス(24単位)を履修する中、ISS(留学生オフィス)での業務、クラブ運営またクラブ活動、更には校外でのボランティア活動にも積極的に励むなど、多忙な日々を過ごしながらも、充実した毎日を送っている。

 彼が留学を決めた際、また今でも心掛けている事が一つある。それは「両親の負担を減らす」ということだ。それを考慮した上で彼は三つの目標を立てた。それは、1.生活費の自立(自律) 2.奨学金の獲得 3.学内アルバイトである。それぞれの目標を達成する為に、多くの努力を要するが、彼は常に高い目標を掲げ、高い意識を持って、日々の生活に取り組んでいる。

 

彼の次のステップは四年制大学への編入である。ここまで奮励努力をし、壁の高い目標を乗り越えてきた羽田野さん。

次のステージに向け努力を惜しまず、全力を尽くすことだろう。

 

皆さんも自ら新しい事、興味のあることに積極的に挑戦し、高い目標を掲げ、一日一日、充実した生活を送っていただきたい。

 

 


  ・ 過去の特集はこちらから

・留学に関するお問い合わせはこちらから

メモ: * は入力必須項目です