マーセッド大学女子サッカー部発足

 この度、マーセッド大学では女子サッカー部が発足された。発足により、2020年秋学期から、マーセッド大学女子サッカー部の活動が始動する。女子サッカー部発足、そして活動開始に伴い、Josh Daughdrill (ジョッシュ・ダードリル監督にインタビューを行った。現在、マーセッド大学には様々な部活動が存在している。そういった活動に参加し活躍する日本人留学生も多数存在している。今回の女子サッカー部発足は、より一層、マーセッド大学内のコミュニティ向上に大きく貢献するはずだ。

以下に、Josh Daughdrill 監督から伺ったインタビュー内容(チーム理念、チーム目標、練習内容)を纏めている。

 

チーム理念

 「私がこのマーセッド大学サッカー部監督になるにあたり、一番大切にしていることがあります。それは”チーム全員でサッカーをする”という事です。フィールド上は11人と決まっていますが、スタメン選手だけでプレーするのではなく、ベンチの選手はもちろん、私含めたコーチ陣も一丸となってサッカーをプレーしているという意識を持つことを、第一に考えています。

その上で、コミュニケーションを密に図り、お互いのことを信頼できるような関係性作りにも注力しています。つまり、チームワークの重要性を軸にすることで、苦しい逆境に立ち向かう精神力、全員で成し遂げたときの達成感を重視するクラブを目指しています。

試合に関して言えば、私自身、モットーとしている言葉があります。

それは"The ball is round; the game lasts 90 minutes; everything else is pure theory"です。意味は、サッカーではボールは丸く、90分間試合が続く事が決まっています。この2つ以外は何が起こるか分からない、という意味です。つまり、『サッカーの試合では、何が起こるか分からない』ということです。私たちは何が起こってもいいように日頃から練習に打ち込み、心身ともに鍛えています。

サッカーは人生をより豊かにしてくれるスポーツだと考えています。これはサッカー以外の部活動でも同じことがいえると思います。やはり、勉学以外のコミュニティに属しているからこそ学ぶことが出来る何かがあると思っています。」

 

チーム目標

 「チーム自体の目標ですと、マーセッドセントラルバレー地区のリーグで優勝することを掲げています。ゆくゆくは、カリフォルニア州の大会に出場し、勝率の割合を高めていくことを目指し、日々の練習に励んでいきます。

また私自身、監督の立場として、それぞれの選手に対する一指導者としての教育目標があります。それは『1人の人間として世界で活躍できる学生を教育する』という目標です。

サッカーを教えていく中で、技術以上に大切なこと、『1人の人間として必要な心構えであったり、生き方』を教えていきたいと思います。これらを軸に生活することは、サッカーのプレー面でも、学業面でも様々な場面で必要になってくる要素だと私は考えています。

1人でも多くの学生が世界に羽ばたいていけるような、そういった教育を心掛けて指導していきたいと思っています。」

 

練習内容

 「普段の練習ですと、主に3つの要素を軸に練習に取り組んでいます。『体力』、『技術』、『戦術』です。サッカーは試合時間も長く、かつフィジカルコンタクト種目である為、ケガをしない体づくりを心掛けています。また、技術や戦術に関しては、部が発足したばかりということもあったり、選手によって合うプレースタイルがある為、日々模索しながら取り組んでいます。

現在はコロナウイルスの影響でマーセッド大学が閉鎖されている状態である為、全体での練習は行っていません。しかしながら、選手達には、自宅で個別の練習メニューを行うよう指示をしています。練習後には練習映像を送ってもらうことで、各自の動きを確認をし課題点や向上点など伝えています。こういった状況下でも、家でできるメニューを考え、選手たちに提供しています。

また、どのような状況であっても、練習時には常に『自分自身に勝つ』ように選手には伝えています。私自身、成長するためには辛いこと、苦しいことをしなければいけないと考えています。

簡単なことは誰でもできます。刺激のないただの楽しい練習をするのではなく、辛いことに挑戦しながらも、模索しながら活動に取り組んでいくという心構えが、成長に繋がると私は信じて指導にあたっています。」

 発足したばかりではあるが、Josh Daughdrill監督の指導理念を垣間見ることができた。サッカーを通じて、「1人の人間の在り方」や「チームワークの大切さ」を重視している監督からマーセッド大学女子サッカー部の未来に期待がかかる。また、Josh監督の下でプレーする学生たちも、こういった理念の下で活動が行うことができ、充実した環境下でプレーすることができることだろう。

現在、世界の女子サッカーを見渡しても、アメリカサッカーは圧倒的な実力を誇っている。近い将来、このマーセッド大学女子サッカー部から世界を代表するような選手が出ることを願っている。


・留学に関するお問い合わせはこちらから

  ・ 過去の特集はこちらから