米国の入国制限措置に関して

 6月22日に米国政府からアメリカ入国制限について新たな動きがありました。

アメリカが新たに発表した入国制限措置として、非移民ビザの外国人にアメリカでの就労を認めるビザの発給を一部に限り年末まで停止・制限することになります。日本でも多くの方が今、注目しているトピックの1つになっていることでしょう。

新型コロナウイルスの影響により米国内の失業率が大幅上昇したことを受け、アメリカの経済回復、国民の雇用を守ることがこの処置の目的であると発表しました。この布告は、6月24日(水)午前0時1分(米国東部夏時間)に発効となり、対象者はアメリカで仕事をすることを目的としている非移民ビザの外国人が対象となります。その為、学生に必要となるF1ビザ、永住権を取得済みの方、米国市民の家族はビザ発給停止・制限の対象外ということです。

発給停止・制限の対象となるビザは以下の通りです。

  • H-1Bビザ,H-2Bビザ(これに同伴・合流する外国人を含む)
  • Jビザ(インターン,研修生,教師,キャンプカウンセラー,オペア(au pair),サマーワーク&トラベル(SWT)プログラムに参加しようとする場合)(これに同伴・合流する外国人を含む)
  • Lビザ(これに同伴・合流する外国人を含む)

アメリカは以上のビザを2020年6月24日から2020年12月31日までは発行の停止・制限をすると表明しました(必要に応じて延長、修正が可能)。しかし、先程も説明したように学生ビザ(F1ビザ)は現時点で日本のアメリカ大使館が再開すると発行される見込みです。

 

参照リンク:https://www.tokutenryoko.com/news/passage/9341

原文リンク:https://travel.state.gov/content/travel/en/News/visas-news/proclamation-suspending-entry-of-immigrants-and-nonimmigrants-who-present-risk-to-the-US-labor-market-during-the-economic-recovery-following-the-COVID-19-outbreak.html