姫路女学院高等学校とマーセッドカレッジが国際協力パートナーシップを締結

 202011月をもちまして、姫路女学院高等学校とマーセッドカレッジが国際交流パートナーシップ協定を締結しました。マーセッドカレッジで5校目となる日本の高等学校との協定締結が実現されました。今年5月、中村学園女子中学・高等学校との締結を皮切りに、本校で第2校目となる女子学校との締結になりました。少子高齢化の波がますます大きくなり、女性の社会進出が必要になります。今回の提携がより一層、女性の社会参画を後押し、グローバル人材育成となる環境強化を目標としています。

 

 当協定では、アメリカ・日本の文化交流・国際教育の促進、並びにアメリカ留学を希望する学生へのガイダンス、アメリカでの研修プログラムの実施、優秀な教員の相互派遣等について合意が取り付けられ、今後、最新のテクノロジー、スポーツ留学を始め、4年制大学への編入プログラム、短期での実地研修プログラムなどの幅広い分野での相互交流を行います。

 

 姫路女学院高等学校は、来年の2021年で創立100周年を迎える歴史ある学校であり、今年度から国際教育やリベラルアーツ教育を重視する中高一貫教育を目指します。海外学校との提携もマーセッドカレッジを含め4校目となり、着実に質ある教育事業の展開を広げています。教育指針の中でも、「豊かな教養を身に着けられるリベラルアーツ教育」、「グローバルな視野を育てる国際教育」を軸に『女性教育×世界に通用する人材育成』を目指しています。

 

 

 マーセッドカレッジは、近年、国内外の中学校・高等学校・大学との提携を実現しており、教育分野において、日米をまたぐ太平洋の架け橋となる事はもちろんの事、世界各国との編入提携を充実させる事により世界へ羽ばたくグローバル人材教育の拠点としての役割を担っております。


・ 留学に関するお問い合わせはこちらから

・ 過去の記事はこちらから