· 

【スポーツ留学】陣内美南さん 2021-22女子バスケットボールシーズン終了

 今回中京大学を3年次に休学して現在マーセッドカレッジ(2年制大学)に留学している陣内美南さんにインタビューを行った。陣内さんは2020年1月からマーセッドカレッジに留学し、女子バスケットボール部に所属している。2022年5月の春学期を最後に日本に帰国することが決まっている陣内さんに約2年半過ごした女子バスケ部での様子や今シーズンの成績について振り返ってもらった。

マーセッドカレッジへの留学のきっかけ

 「私は名古屋の中京大学に通っていました。私はバスケットボールを小学校から高校まで続けていましたが、中京大学女子バスケットボール部はインターカレッジに出場するような強豪チームということもあり、自分は通用しないと思い、少し興味があったラクロス部に入部しました。そのまま2年間半大学生活を送っていましたが、徐々に私の中でラクロス中心の大学生活を送り、勉強面が疎かになっていることに気づきました。このまま大学を卒業して社会人になることに対して危機感を感じた為、私なりにリサーチをして学費・生活費が安く、部活動も盛んなマーセッドカレッジで2年間自分を鍛え直したいという思いで留学を決意しました。」

マーセッドカレッジ女子バスケットボール部について

米国バスケットボール部の印象

 「私がマーセッドカレッジバスケットボール部に所属して感じたことは、選手一人一人のポテンシャルの高さです。イメージ通りではあったのですが、やはり日本人選手と比べると体の大きさやフィジカルの強さは私にはないものを彼女たちは持っていました。しかし、何も勝るところがないということではなく、特に精神面で粘り強さや忍耐力という面では、現地の選手に負けていないと思います。練習の時も日本人選手はすべてのメニューを全力でこなしていますが、アメリカ人はどこかで手を抜いていることもありました。その為、コーチがアメリカ人選手に檄を飛ばすこともしばしばありました。泥臭くても全力で取り組むことが出来る日本人の良さは私のアピールポイントになっていたのではないかと思います。また、マーセッド女子バスケ部は全体練習が約2時間ほどで終わります。全体練習では、パス回しや連携、ディフェンス練習など全員いないとできないことを行います。その為、シュート練習などは全体練習中にやらず、各自自主練習など時間があるときにやるなど自主性を大切にしている印象を持ちました。(1週間:1000本シュートを打つノルマはありました。)」

2021-22年シーズンを振り返って

 「私はコロナの影響もあり、今シーズンが最初で最後のシーズンとなりました。チームの結果としては、北カリフォルニアのチャンピオンシップに出場しベスト8となりました。(以下、成績ページリンク)また、個人としてもCentral Valleyの7チームの中でSecond Team(優秀選手)に選ばれたりと充実したシーズンを過ごせました。しかし、留学期間は2年間と両親と渡米前に話しており、実はシーズン途中の12月で帰国しなければいけない状況になりました。ですが、私としては、今シーズンは最後までプレーしたい思いがあり、両親にお願いをして2022年5月まで留学をしたいという旨を伝えました。両親も応援してくれ、このような成績を残せたのだと実感しています。」

部活中意識したこと

 「やはり、日本人留学生が部活動に所属するにおいて最も難しい部分は言葉の壁だと思います。特に初めのことはコーチ、選手が何を言っているのか理解できないことが多くありました。しかし、私は理解できないことはコーチや選手にすぐに確認をして、『今の指示はこういう意味であっているのか。』ということを毎回のように聞きました。コーチや選手も過去に日本人留学生が女子バスケ部に所属していたこともあり、状況を理解してくれて丁寧に説明してくれました。また、私がバスケ部に所属して間もない頃は、周りの選手が私にパスを出してくれないことが多くありました。その時はまだ選手から信頼されていなかったのだと思います。しかし、毎日ひたむきに練習し、1試合で3回以上スリーポイントを決めるよう目標を立て、達成できるようになってからは、選手からも信頼されてパスを出してくれるようになりました。」

後輩へ一言

 「やはり、部活動に所属するうえで最も重要なのはコミュニケーションを積極的に取ることです。自分をアピールして周りに知ってもらうことが、最優先に行うべきことだと思います。そのうえで、真摯にバスケに取り組むことで周りのチームメイトに信頼してもらえると思います。」

今後について

 「私は2022年春学期でマーセッドカレッジを卒業することになります。卒業後は休学していた中京大学に復学するのですが、それと同時に就職活動が始まります。しかし、留学前にスポーツばかりに偏っていた私が自分を変えたいと思い留学を決意し、文武両道で駆け抜けた2年半は私を大きく変えたと思いますし、この経験は今後の人生に大きく生きてくると思います。本場アメリカでバスケットボールをやったことは私にとって誇りになっています。」


 今回、陣内さんのバスケットボール留学について話してもらった。日本ではある程度成績が低くても部活動に所属していれば問題ない大学もある。しかし、アメリカでは成績が悪い学生は部活動に参加できないというルールが決められており、学生は文武両道で日々頑張っている。陣内さんのように「自分を変えたい」と思い、大学を休学して、留学するという決意は多くの人に勇気を与えるのではないだろうか。「自分を変えたい」と思って留学する学生は多くいるが、それを継続し続けることが最も難しいと思う。そんな中で、2年間半変わらない想いでマーセッドで過ごした彼女のように、今後も同じ志を持つ学生が増えることを願っている。


現在、弊社では、留学に関する情報を多くの方々に発信する為、LINE公式アプリやYouTubeを活用しています。留学に関する情報に興味のある方は是非、弊社LINE公式アカウントの友達追加をし、YouTubeチャンネルも是非ご覧ください。 

留学に関するご質問、ご相談のある方はお気軽にご連絡ください。

留学情報発信チャンネルはこちらから


・ 留学に関するお問い合わせはこちらから

・ 過去の記事はこちらから



お問い合わせ

↑上記のURLをスキャン、または画像をタップで友達追加↑

メールでのお問い合わせはこちらから


Y.E.S. グループ

アメリカ総合教育

アメリカ留学総合サイト

スポーツ事業部

アメリカスポーツ留学

不動産事業部

サンディエゴ不動産

米国女子2部

サッカーチーム

ベルガード米国事業部


国際交流パートナーシップ協定

提携大学一覧



提携高校一覧




福井県立若狭高等学校



提携専修学校一覧


米国提携学術機関


Y.E.S. at Merced College

3600 M Street #22 Merced, CA 95348

Tell:209-386-6664

E-mail: yes.program@mccd.edu

・ 留学に関するお問い合わせはこちらから