名前:クミコ

 

出身:兵庫

 

年齢:19歳

 

入学:2014年夏(語学学校MCELIからスタート)

 

専攻:キネシオロジー(運動学)


好きな食べ物:いちご大福

 

プロフィール:留学生への積極的なサポート活動を行いながら、学業面では評点4.0(オールA)を維持している。5月には一年生の留学生では唯一となるマーセッド大学基金の奨学金(Catherine & Ted McVey Trust Scholarship)を獲得した。


9/8/2015


「最終回:UNLVへ編入」



こんにちは、クミコです。

 

この度、ネバダ大学ラスベガス校(UNLV : University of Nevada Las Vegas)への編入が決定しました。

 

そのため、このコラムは、今回が最終回になります。

 

UNLVへの編入学が決まりました。
UNLVへの編入学が決まりました。

ISSで働いている間、たくさんの人達に助けてもらい、いろいろなことを学ぶことができました。

今までは学生として、スタッフの方に助けていただいていた立場だったのが、実際に自分が学生を相手にしてスタッフとして働いてみて、仕事をする大変さや、自分の知識の無さなど、たくさんのことに気づくことが出来ました。


ISSで働いている間に、マーセッド大学の学生だけではなく、学生のために働くスタッフの人達と、仕事でたくさんの関わりをもつ機会が多々ありました。

1人の学生がマーセッド大学の学生として授業を受けるために、たくさんの人達が、私の知らないところで働いていました。

私はISSでの仕事を通して、素晴らしい環境で、勉強や様々な活動に取り組めていたことに気づきました。

母国から単身でアメリカに来た留学生の話を聞いたりしていくなかで、初心に戻ることができたり、元気付けられたりすることも、たくさんありました。


コラムを読んでくださっていた方々、コラムに対してのたくさんのアドバイスや応援など、ありがとうございました。

私の情報が少しでもお役に立てれば、嬉しいです。


ISS、YESの方々をはじめ、マーセッド大学のスタッフ、学生、支えて頂いた人達に、文面ではありますが、感謝申し上げます。

ありがとうございました。


これからは、違う土地での留学生活になりますが、皆さんに良い報告ができるように、頑張ります。



クミコ

8/28/2015


「アメリカ留学」



先日、留学生向けのオリエンテーションが行われました。


このオリエンテーションでは、

・大学についての説明
・ISSの紹介
・ホストファミリーについての説明
・交通規則についての説明
・授業の履修についての説明
・キャンパスツアー

などが行われました。


私は、ISSのスタッフとして、アセスメントテストの説明、、個人情報の管理、授業登録やカウンセリングの補佐、キャンパスツアーなどを行いました。

 

いろいろな新入生から、将来についての話や、アメリカに来たばかりの不安な気持ちなどの話を聞いていると、私がアメリカに来たばかりの時の気持ちを思い出しました。



アメリカに来て学んだことの一つは、自分で選択し、挑戦していくことの大切さと大変さです。

アメリカでは、何をするにも自分の選択で行います。
アメリカは、全ての選択を自分で行い、その責任は自分で取らなければいけないところです。

アメリカ留学は、自分の選択次第では、勉強や様々な活動を通して、大きく変化し成長できる素晴らしい機会だと思います。


今回は、新入生たちがそのような選択をするお手伝いができたことを嬉しく思います。
私も、これからも初心を忘れずに、夢に向かって頑張っていきたいです。

 


クミコ

8/24/2015


「TOEFL試験と履修登録」



Y.E.S.の運営するマーセッド大学付属の語学学校MCELIでは、毎学期、3回のTOEFLテストが実施されます。


先日、夏学期最後のTOEFLテストが行われ、450点以上を獲得して大学入学を決めた生徒がオフィスを訪れ、秋学期へ向けた履修の手続きをおこないました。



TOEFLテストに合格した生徒は、アセスメントテストと呼ばれる英語と数学の学力テストを行い、今自分がどのレベルにいるのか、また自分にあった授業のレベルを知ることができます。

アセスメントテストの後には、生徒はカウンセラーと話し合い、次の学期に履修する授業を決めます。


その後、ISSでは、パソコンでの授業履修のサポートを行います。

一つの科目の授業でも、先生や時間よって、授業数はたくさんあり、他の教科の時間も考えながら、それぞれの学生に適した無理のない授業のスケジュールを組んでいきます。

マーセッド大学卒業、4年制大学への編入など、学生によって目標や専攻が違うので、それぞれの学生の目標に適った授業を履修していきます。

授業を履修するにあたって、留学生は12単位以上履修することなど、必要条件が決められているので、そこも注意するポイントとして伝えます。


 

いつも自分が教えてもらう立場だったのが、今教える立場に立ってみて、大学の成績システムや授業について、分かりやすく説明することはとても難しいことだなと感じました。

 

生徒がスケジュールを調整して、全ての授業の履修を終え、「ありがとう」と言われた時には、とても達成感があり、嬉しい気持ちになります。

 

ISSでは今後も、新入生が不安なく新学期を迎えられるように、サポートを行っていきます。

 

 

クミコ

7/29/2015

 

「独立記念日」

 


皆さん、こんにちは。クミコです。



少し前の話になってしまいますが、7月4日は独立記念日でした。

独立記念日とは、1776年にアメリカ独立宣言が公布されたことを記念して、毎年7月4日に定められているアメリカ合衆国の祝日です。


私は、マーセッドの隣に位置するアットウォーター(Atwater)という街で行われた、独立記念日をお祝いするイベントに参加しました。

アットウォーターでは、毎年7/4に、パレードをはじめ、露店や花火が見られるお祭りが開催されます。

このイベントは、地域のスポンサー、記念Tシャツの売り上げ金などで運営されており、地域の人達にとってはとても大切な行事です。

パレードは、

 

・子供達のチアリーディングや体操などの御披露目

・軍隊の行進

・カーパレード

・馬のダンス行進

・ミスコンテスト入賞者のお披露目

 

など、普段見ることのできない珍しいものばかりで、とても楽しかったです。


観客の人達も独立記念日をお祝いするために、赤・青・白のアメリカの国旗を意識した服を着るなど、独立記念日を楽しんでいました。

 


 

パレード終了後はいろいろなお店が出店されていたので、お店を回りました。

手作りの小物や珍しいお菓子が売られていたり、顔にペイントが出来るコーナーも出店していました。

 

また、公園の一部には、馬とのふれあいコーナーが設置されていました。 

この馬は、ジョセフという名前の10歳の男の子で、パレードに参加し、ダンスを踊っていました。私はもっと短いと思っていたのでびっくりしたのですが、馬は長くて30年ほど生きるそうです。

 

 


レードの後は、友人のお家にお邪魔し、みんなでバーベキューを楽しみました。

アメリカでは、独立記念日には友達や親戚が集まり、バーベキューをすることが多いようです。

 

子供たちはとてもフレンドリーに話しかけてくれて、一緒に遊ぶことができました。

友達の家にはプールがあり、プールで子供たちと大人が一緒になり、みんなで泳いで遊んでいました。

アメリカの家の造りは、広い土地を活かし、のびのびとしているので、とても大好きです。

 

夕食のバーベキューではお肉に野菜、チップス、フルーツ、ホットドッグなど、盛りだくさんの内容でした。

食事中には、みんなでいろいろな意見交換をしながら、お喋りを楽しみました。

家族や友達みんなで集まって独立記念日をお祝いをするアメリカの文化を体験することができ、とても楽しかったです。

 

またカリフォルニアでは、独立記念日前後の数日しか花火をしてはいけないという法律があるため、打ち上げ花火を見て楽しんだり、花火を購入する人たちもたくさん見られました。

このイベントを通して、独立記念日を一大行事として祝う人々の姿を目の当たりにし、アメリカの方々の愛国心の強さを実感しました。

 

花火の時間までアットウォーターにいることはできませんでしたが、たくさんの人と話せたり、初めての体験もあり、とても貴重な経験になりました。

 

 

クミコ

7/9/2015

 

「情報管理」

 


皆さん、こんにちは。クミコです。

 

ISS(International Student Services) では、全ての留学生の保険や成績など、重要な情報の管理を行っています。

学期の初めが近づくとISSには、たくさんの留学生からの入学願書が届きます。
ISSでは、申し込みが届いた学生一人ひとりのフォルダを作り、足りない書類や記入漏れなどがあれば、修正をしてマーセッド大学まで送ってもらうように、入学希望者の学生へ連絡します。
もし足りない書類が一つでもあれば、アメリカへ入国できなかったり、法律違反になることもあるので、1つでも逃さないように注意して、チェックを行ないます。
私も日本からアメリカへ留学する際に、大使館や病院などのいろいろな場所へ行き、書類を申請したのを思い出しました。

 


各個人のフォルダには健康診断書や各種証明書、緊急連絡先などの情報が記載されています。
この個人フォルダは、学生が入学後に大学のカウンセラーと面談をした時の情報なども記入します。


これにより、学生が学業において今どのような状態にあるのか、一目で把握し、的確なアドバイスが送れるようになっています。
こうした情報はとても重要なので、チェックリストと照らし合わせながら、間違いが起こらないように注意して見ていきます。



現在マーセッド大学に通っている生徒の情報も頻繁にチェックし、不足があれば連絡を行い、書類を提出してもらいます。
例えば、海外保険の期限が切れていた場合、学生が怪我や病気をしたときに、何百万円という高額な医療費を払わないといけなくなったり、授業料の支払いを期限以内に済ませていないと、次の学期に授業が履修できなくなるということが起こります。
こういった事態を避けるためにも、ISSでは、期限の前から直接学生へ電話やメールを通して連絡を行い、不備のないように対応を行っています。

ISSでは、今後も、留学生が問題に巻き込まれないように、しっかり情報のチェックと管理を行っていきます。



クミコ

6/23/2015

 

「留学課のお仕事」



皆さん、ご無沙汰しています。クミコです。

 

今年の夏は、マーセッド大学のISS(International Student Service : 留学課)で、お手伝いをさせていただくことになりました。


このコラムでは、アメリカでの留学生の様子や、留学課のお仕事について紹介していきたいと思います。

 



ISSでの基本的な私のお仕事は、


・留学生がカウンセラーと面談を行う時のアポイントメントの予約や記録

・新入生の情報登録や授業登録のお手伝い

・マーセッド大学への入学を考えている人たちの申し込み手続きのお手伝い

・留学生の情報管理
・イベントやワークショップなどのお知らせ


などなど、留学生が安全に生活し、目的を達成するためのお手伝いをしています。




このISSでのお仕事を通して、いろいろな人と話をする機会が増え、たくさんの新しい発見があります。
また、頑張っている留学生の話を聞くことで、こちらもやる気や刺激をもらっています。



マーセッドは40度を超える日が続いていますが、留学生の学業やさまざまな活動をサポートできるように、この夏は頑張ります!



クミコ