【ソフトボール留学】内山栞さん

 

 「ソフトボールの本場」と言えば、どこの国を思い浮かべるだろうか。実は野球と同様、ソフトボールもアメリカで生まれ、今日も堂々の世界ランキング1位に君臨している。以前の記事でも紹介をしたように、アメリカには学生スポーツに対する手厚いサポートが存在し、それに伴い、各競技レベルも最高峰を保たれているのである。この一つの例が給付型奨学金にあたる。多くのスポーツで高いレベルを誇るアメリカの地でソフトボールに挑戦している留学生がいる。今回はマーセッド大学に在学している内山栞(ウチヤマ シオリ)さんを紹介したい。

 

 

 現在ソフトボール部に所属する内山栞さんはアメリカの高いレベルでソフトボールをしたいという強い思いから目標であった留学を実現させたひとりである。留学前の彼女は、周囲に対し「私はアメリカでソフトボールをする」と自ら言葉にし、自身の留学への確固たる思いを持ち続けた。その姿を見た多くの方は彼女の夢を応援することを決め、そして今日、彼女は大きな期待を受け、ソフトボール留学を実現させたのであった。

 

アメリカでソフトボール留学の挑戦〉

 彼女のこれまでのソフトボール人生はアメリカへの憧れとともにあった。母の「アメリカでソフトボールをしてみたら?」という一言で衝撃を受けると同時に、興味を持ち始めた彼女はアメリカの高校へ進学することを目指す。しかし、金銭面や留学システムによる問題もあり、あきらめざるを得なかった。その為、彼女は高校卒業後の正規留学にシフトチェンジし、アメリカの大学でソフトボールをすることに照準を合わせた。高校ではいくつかの強豪校からの推薦のあった彼女だが、自分の力でインターハイ出場をしたいという強い思いもあり、福岡県の北九州市立高校でソフトボールに所属することを決意。在学時には福岡県の大会で優勝という素晴らしい結果を残すと共に、

                              彼女は長所であるチャレンジ精神に拍車をかけた。

 

〈言葉の壁〉

 

     ソフトボールへの強い思いを持っていた彼女であったが、留学において重要なものを軽視していた。それは 英語力 だ。留学当初の彼女は英語での会話について「何とかなるだろう」という軽い思いだった。しかし、留学の現実はそんなに甘くはない。毎日のように、自身の無力さを痛感させられ、もどかしい日々を送っていた。この状況に耐えられず、留学を辞め、母国へ帰国する留学生も少なくない。そんな中、彼女は彼らとは違った。その頃の悔しさは、慣れない環境にも負けず、諦めない一本の太く固い幹を心の中に育て上げた。留学を実現させて1年間、Y.E.Sの運営する大学付属の語学学校(MCELI)で必死に学び続けた彼女はマーセッド大学への入学を実現させ、2018年夏学期よりマーセッド大学に入学した。

 

〈挑戦し続ける彼女〉

 

    この決して楽ではない日々を乗り越えた今日の彼女は、家族、仲間、コーチの支えを心から感じている。大学の授業とソフトボールの両立、まさに文武両道の生活は多くの試練を与える。しかし、彼女の夢を支えている多くの人が背中を押し、彼女の弾けるような笑顔を生み出してくれる。留学をしたいという彼女の夢は彼女だけのものではなくなった。支えてくれている全ての人の期待を背負い、今日も笑顔でグランドを駆け抜けている。今後も勉学とソフトボールの両立に励み、高校時代のようにマーセッド大学のソフトボールをプレーオフに進出させることが今の彼女を突き動かす原動力。さらに好成績を残すことができれば、四年制大学からの奨学金獲得も夢ではない。

 

  このように内山さんは、常に目標を持ち、日々努力し続け、憧れであった“ソフトボール留学”の生活を送っている。持ち前のチャレンジ精神と笑顔で多くの困難を乗り越えてきた彼女は、今後も努力を積み重ね、留学生活を有意義なものにしてくれるはずだ。彼女の今後の活躍や成長から目が離せない。

 




ソフトボール留学に関してはこちらからお問い合わせください。

Note: Please fill out the fields marked with an asterisk.