【Conversation Partner】Online上でアメリカ現地の高校生と交流

  マーセッドカレッジでは、Conversation Partnerといい留学生を対象に現地のカレッジ生(ネイティブ)と11でパートナーを組み、文化交流できる機会を提供している。しかし、この度、COVID-19の影響によりマーセッドカレッジ校内が閉鎖されたため、実際に会って交流することができない状態となった。こういった状況下で新たな施策として、弊社ではZoomを介しOnline上でのConversation Partnerを開始した。主に、日本人の留学希望者や留学生を対象とし、マーセッド高校に通う日本に興味を持つ現地の高校生との間で交流をする。今回は、Online上で実施されるConversation Partnerについて、以下に内容をまとめた


実施上の基本情

時間(日本時間):

毎週金曜日:午前9時(既存)

毎週土曜日:午前9時(新規)

(※実施時間に関しまして複数回に分けて実施)

 

実施回数(11/5時点):6回(第1回:10/2、第2回:10/9、第3回:10/16、第4回:10/23、第5回:10/30、第6回:11/5)※日本時間

 

コーディネーター:Carissa Hansford(カリッサ ハンスフォード:マーセッドカレッジ職員)+日本人英語講師1

 

参加人数(11/5時点):約15名(マーセッド高校生)、約30名(日本の学生)

 

進行:

①参加者全員と顔合わせ

コーディネーターより諸説明(5分)

③Zoomのブレークアウトルームを使用し各パートナーと会話(25分)

④まとめ&次回お知らせ

参加にするにあたり

  通常のConversation Partnerは、各パートナー同士で連絡を取り合い、日程調整をし、実際に会って話をする中で、徐々に関係性を築いていく。しかし、Online上で展開するConversation Partnerは、マーセッドカレッジ職員であるネイティブ講師と日本人英語講師により、予め参加学生全員にアンケートを取り各学生の特性に合ったパートナーを選定する。また、事前にオリエンテーションを実施しており、Conversation Partnerの内容はもちろん異文化理解という点で、両国の特性を理解したうえで参加可能であるためお互いにとってスムーズに会話できる。同様に、ネイティブと日本人のコーディネーターによるサポートもあるため会話で理解できないところやパートナーに関する質問など受けており、安心して参加可能である。

パートナーとの話の内

         Halloween Partyの際に撮影した写真
         Halloween Partyの際に撮影した写真

  これまで実施しているConversation Partnerは人数の関係上、日本人学生1名につき、マーセッド高校生が2名で会話をする形式を取っている。実施毎にパートナーの組み合わせが変わるため、会話の初めは自己紹介をし、その他趣味などの話に入っていく。パートナーごとに話は異なるが、カッリサ講師から諸説明時にテーマを提供してもらうため、そのテーマに沿って話し合うことも可能である。例えば、第3回目は日本の食生活や学校ルール、有名な観光スポットなどをまとめた短い動画を見て、動画の内容をパートナーとの話のネタとして会話する。また、パートナーによって日本に詳しい人やそうでない人、自分と趣味の合う人やそうでない人がいるため、話の内容も様々であり新たな発見が多々ある。さらに内容すべて英語で会話する必要があるため、英語を話す機会が得られ、その中で知らない単語や聞き取れない英語があったとしてもパートナーが教えてくれることで現地の英語を学ぶことができる

実際に参加した学生の

日本人(マーセッド進学予定学生)

「日本にいながら、諸外国の方と会話していく中で色々な考え方を持ってる人がいる事を再確認でき、Conversation Partnerに参加してよかったと感じています。自分以外の人の話を聞け、さらに英語で会話をするため英語学習のモチベーションにもつながっています。」

 

日本人(マーセッドカレッジ生

コロナの影響でクラスがオンラインに移行し、現在日本から授業を受けている状況です。英語での会話の機会がマーセッドに住んでいる時に比べかなり少なくなりました。そんな中で現地の学生と英語でやりとりできる機会を用意していただき私自身とても助かっています。とても充実した時間になっています。」

 

日本人(アメリカ4年制大学生)

英語の練習、そして日本の良さや文化を伝えることのできる非常に良い機会です。コロナによって、学校で授業を受けられない分、英語による会話の機会が減っていたのでとても助かっています。」

  いかがだっただろうか。現在、留学することが厳しい現状だが、Zoomを介して、アメリカの現地に住む高校生と交流することができるConversation Partnerは、現地のアメリカ人から生きた英語を学べ、文化交流することができ、参加者にとって有意義な時間になるだろう。弊社では、COVID-19の影響で留学できない日本人を対象とし、日本にいながら、ネイティブスピーカーと会話ができる機会を提供している。留学希望者はもちろん、英語を学びたい方にとっても、現地の同世代の学生と交流することができ新鮮な感覚を味わうことができる。是非この機会に、Conversation Partnerに参加してみてはいかがだろうか


  そして現在、弊社では、留学に関する情報を多くの方々に発信する為、LINE公式アプリやYouTubeを活用しています。留学に関する情報に興味のある方は是非、弊社LINE公式アカウントの友達追加をし、YouTubeチャンネルも是非ご覧ください。

留学に関するご質問、ご相談のある方はお気軽にご連絡ください

留学情報発信チャンネルはこちらか



過去の記事はこちらから

 留学に関するお問い合わせはこちらから