【奨学金】アメリカ留学

  「アメリカ留学」と聞いて皆さんは何を思い浮かべるだろうか。現地のネイティブ話者と楽しく会話している姿、ホームステイ先のホストファミリーと仲良くハリウッド映画を見ている姿、学校の友人と図書館で一緒に勉強している姿、その他にも想像することがあるだろう。このようにアメリカ留学にあこがれを抱く方は多い反面、皆さんが一番といっていいほど懸念されるのは「留学にかかる費用」ではないだろうか。留学中にかかる費用で具体例をあげると、カリフォルニア州にあるマーセッドカレッジ(短期2年制大学)では1年間で授業料、生活費(ホームステイの場合)すべて込みで150万円~200万円ほどかかる。アメリカ内でも有名な4年制大学となると、年間600700万円ほどの費用(授業料、生活費込み)が必要であり、日本の国公立の大学と比較するとその差も歴然である。

 

そんな中、アメリカ留学の費用を抑えることのできる「奨学金」について今記事では取り上げた。

 

留学費用の高さも驚くだろうが、アメリカの奨学金に対する手厚いサポートは日本のそれとは大きく異なり、返済不要の奨学金制度により奨学金を獲得できるチャンスが多く存在している。今回は特にアメリカのカリフォルニア州にあるマーセッドカレッジ(短期2年制大学)と4年制大学のカリフォルニア州立大学、またカリフォルニア大学を例に、それぞれの大学で得られる奨学金についてまとめた。

 

実際にアメリカ留学に関する奨学金について調べる方も多くいらっしゃるだろうが、今記事は実際に奨学金を獲得された方、また留学生でも獲得しやすい奨学金についてまとめたため是非ご参考にしていただきたい。

マーセッドカレッジ

2019年実施された、Meced College Foundationで、奨学金を獲得した3名の日本人学生
2019年実施された、Meced College Foundationで、奨学金を獲得した3名の日本人学生

 実際に留学生が獲得できるマーセッドカレッジでの奨学金は以下の2つである。

  1. Tuition Waiver
  2. Merced College Foundation

1. Tuition Waiver(関連記事はこちら

毎年11月に実施され、対象は全留学生(1学期以上を終了している学生)としその中の約10%が獲得できる。Tuition Waverを獲得した者は6単位分の授業料(約1517万円)が免除される。応募条件などは関連記事内に記載しているためそちらをご覧いただきたい。

 

2. Merced College Foundation(関連記事はこちら

毎年3月に実施され、対象はカレッジ全学生となり、毎年約150名の学生が給付型の奨学金を獲得できる。全ての奨学金は地域の団体や個人による寄付で賄われており、2019年に募集された奨学金の総額は1000万円超えとなった。2019年には3名の日本人留学生が奨学金を獲得し、獲得額は約5万円~20万円ほどであった。こちらの応募条件も関連記事をご参考にしていただきたい。

 

基本的に上記に記載している奨学金は、学生向けに大々的に周知されているため留学生の多くは応募しやすくなっている。これに加え、より費用を抑えたい学生であれば個人でカレッジ内のクラブに参加し活動をする中で、クラブが主催する奨学金に応募したり、ボランティア活動から得られる奨学金に応募する学生もいる。

 

カリフォルニア州立大学(California State University

        植木 沙英さん
        植木 沙英さん

 

はじめに、留学生が獲得できる奨学金について、実際にマーセッドカレッジ卒業生でカリフォルニア州立大学フレズノ校に編入された植木沙英さんに話を伺った。植木さんいわく、留学生は1年間に平均して5万円~30万円ほどの奨学金を獲得できるとお話いただいた。もちろん努力次第ではそれ以上の奨学金を得られる学生もいるが一般的には上記の額が、留学生が獲得できる奨学金の平均値となる。

 

 

具体的に、カリフォルニア州立大学で得られる奨学金をいくつか選定し以下にまとめた。

  1. The CSU Foundation Scholarships
  2. Fresno State Alumni Association (FSAA) student scholarship

1. The CSU Foundation Scholarships

 カリフォルニア州立大学の学生向けの奨学金となり、この奨学金は、合計13の奨学金が合わさってできたものであるため、各奨学金により応募条件が変わってくる。こちらは年に1回の頻度で実施され、獲得金額は各奨学金で差はあるものの、多いものでは60万円ほどの奨学金を獲得される学生もいる。

 

2. Fresno State Alumni Association (FSAA) student scholarship

カリフォルニア州立大学フレズノ校で実施されている奨学金となる。こちらは1000を超える奨学金が存在しており、総額4億円以上の返済不要の奨学金が地域の団体からの支援により、学生に向けて提供されている。

 

上記に記載した奨学金は一部となるため、実際は現地の大学に通われる中で人伝えにより、もしくはリサーチをすることで数多くの奨学金を見つけることができる。

 

カリフォルニア大学(University of California

       羽田野 力椰さん
       羽田野 力椰さん

 

カリフォルニア大学はアメリカでも有名な4年制大学となり、学費も年間400万円ほどかかる。実際にカリフォルニア大学デービス校に編入された羽田野力椰さんにも奨学金についてお話を伺ったところ、1550万円程度の奨学金から、大きいものでは学費の半分を免除される奨学金があるとのことであった。羽田野さんはマーセッドカレッジからカリフォルニア大学デービス校編入時に15万円の給付型の奨学金を受け取った。有名大学になると、短期2年制大学以上に、学生にとって非常に手厚い奨学金が存在している。

 

 

具体的にカリフォルニア大学内で提供される奨学金をいくつか選定し以下にまとめた。

  1. Middle Class Scholarship Program
  2. Blue and Gold Opportunity Plan

1. Middle Class Scholarship Program

家族の収入と世帯資産が年間 1800万円未満の方が対象となり、年1回の頻度で授業料の1040%の奨学金が支給される。

 

2. Blue and Gold Opportunity Plan

家族の収入と世帯資産が年間 830万円未満の方が対象となり、年1回の頻度で授業料やその他教育費が免除される奨学金となる。

 

  今回、上記に記載させていただいた内容はほんの一部であり、探せばもっと多くの奨学金が見つかる。もちろん、奨学金に応募するための条件はそれぞれの奨学金の内容により様々であるが、共通して必要になるのは好成績を保つことや課外活動、またボランティアを行うことで1学生としての価値を示すことであるため、努力次第ではだれでも奨学金を得るチャンスがある。

 

実際に、マーセッドカレッジの学生で女子バスケ部に所属していた庄司鈴菜さんは、バスケの活動はもちろん、好成績を修め、学内アルバイトやその他課外活動に励むことで、4年制大学編入時には全額奨学金を受け、バスケ強豪校の大学へ編入した。

 

このように、「アメリカ留学=費用が高い」とお考えの方もいらっしゃるだろう。

しかし、上記に記載させていただいたようにアメリカでは手厚い奨学金システムがあり、獲得できる確率も高い。もちろん、獲得するには各学生の努力次第ではあるが、現に何名もの留学生が奨学金を獲得され、学費を抑えることができている。

 

アメリカ留学は無限の可能性があるため、こういった奨学金システムをうまく利用し諦めず挑戦し続けていってほしい。


そして現在、弊社では、留学に関する情報を多くの方々に発信する為、LINE公式アプリやYouTubeを活用しています。留学に関する情報に興味のある方は是非、弊社LINE公式アカウントの友達追加をし、YouTubeチャンネルも是非ご覧ください。

留学に関するご質問、ご相談のある方はお気軽にご連絡ください。

留学情報発信チャンネルはこちらから



・マーセッドカレッジ奨学金の完全解説記事はこちらから